占いやスピリチュアルにおける「カルマ」の意味についてお話します。

カルマとはなにか

カルマは「業(ごう)」とも呼ばれ、宗教と占い・スピリチュアルによって解釈や意味が変わってきます。
語源は仏教(インド語)にあるとされ、カルマには行為・所作・意志・身心の活動・生活などの意味があり、単純に和訳(英訳)すれば行動(action)です。
占いの観点では前世の影響を中心にその人が抱えている宿題といった意味が強くなります。
カルマについての基礎知識をどこよりも分かりやすく解説いたします。

 

 

宗教的なカルマ

仏教

仏教やヒンドゥー教の多くでは、カルマは「善または悪の業を作ると、因果の道理によってそれ相応の楽または苦の報いが生じる」といった意味を持ちます。
日本では「情けは人のためにあらず」ということわざがカルマの概念に沿った言葉です。
このことわざは情けをするのはその人の成長に繋がらないと間違った解釈をされることが多いですが、本来は「人のために良いことをしたら自分に返ってくる」という意味があり、「めぐりめぐりて己が為」という続きの言葉があります。

 

良いことをすれば自分にも良いことが返ってくるし、悪いことをすれば同様に悪いことが返ってくる。
また、良いことをしている人間には運気が巡り、悪いことをする人には災いが訪れるほか、過去に犯した罪による重圧から負の力が生じてしまう考え方があります。
一部の占いでも、現在のモヤモヤした気持ちは過去に起こした間違った言動にあるなど、過去の問題から来るカルマを刈り取る(解消する)ことで開運へ導く鑑定が行われています。

 

 

占いの観点では宿題・課題の解釈

占いにおけるカルマでは、人生の宿題・課題と解釈されることが多く、その宿題や課題は前世に関連して生まれ持った宿命と捉える動きがあります。
主に生まれ変わりや前世によって魂を引き継ぎ、状況によっては前世の人生経験を元に新しい人生を歩もうとする力が働くことがカルマの概念です。

 

たとえば前世が女性で結婚した男性に不倫を繰り返され、なぜ夫は妻がいるのに不倫を繰り返すのか一生理解できないまま人生を終えたとします。
すると、夫の不倫で嫌な人生経験を積んだ妻の魂は次の人生では男性に生まれ変わり、自分自身が浮気を繰り返して前世の夫心理を経験しようとする場合があります。
同じパターンであっても、前世で不倫を理由に嫌な思いをされたので次の人生は性別に関係なくパートナーのことを一途に想い、今度こそ幸せな家庭を築こうとするパターンもあるので、前世の内容だけが全てではありません。

 

人生の中で悪いことだと分かっていても同じ過ちを繰り返してしまう方はいませんか?
もしくは心の底では怒りがこみ上げるようなことをされているのに相手を許してしまうなど、理屈では分からない判断をした経験を持っている方も多いでしょう。
こうした理屈だけでは説明できない感情や言動は、前世から引き継いでいるカルマが原因しているかもしれません
霊能力を活用した占いではカルマの原因を突き止め、気持ちの整理や心の奥底にあるカルマを刈り取ることによって気持ちをスッキリさせ、物事をフラットな視線で捉えられるように変化できます。

 

 

カルマが全てではない?

宗教的なカルマの場合は良い事・悪い事がポイント化されて自分に跳ね返ってくる考え方があります。
しかし、一部では汚職や不正を繰り返すけど大きな失敗や報いを受けずに人生を終える政治家や経営者もたくさんいるものです。
カルマによってプラスの力・マイナスの力が働く可能性は高いですが、それを打ち消す個のパワーも存在します。

 

前世に関連した宿題・課題についての考え方は、そもそも前世の魂を受け継ぐかや転生する理論に科学的な根拠がありません
宗教的なことですので信じない人はカルマのことを気にする必要はありません。
真実は誰にも分かりませんが、宗教やスピリチュアルは心の底から信じることで良い運気を呼び寄せる要素があります。
前世や宗教的な考え方を信じている方は、カルマ(前世)に強い占い師へ相談することで様々な問題を解決できるかもしれませんよ。

 

ページの先頭へ戻る