姓名判断を参考にして、改名する事ができるのかを徹底調査しました。

姓名判断を参考に改名する方法

女性が結婚する場合を除いて根本の画数は一生変えられません。
姓名判断では画数による良し悪しが明確に現れ、女性の場合は結婚して姓が変わった理由で姓名判断が悪くなってしまうケースも多くなっています。
姓名判断を参考に改名を考える方もいますが、戸籍上の姓名を変更するのは正当な理由がある場合を除いて難しいです。

 

この場合はSNSネームやビジネスネーム、印鑑などをプチ改名するとよいでしょう。
改名する方法と、姓名判断を参考に改名する際のポイントをまとめました。

 

 

正式な改名をするには

家庭裁判所

改名は戸籍法によって正当な理由があることを条件に家庭裁判所の許可を以て認められます。
家庭裁判所から改名が認められる主なケースをご覧ください。

 

  • イジメの対象になり得るキラキラネーム
  • 奇名、珍名など聞きづらい名前・読みづらい名前
  • 永年通称名として使用した場合
  • 同姓同名の犯罪者や不祥事を起こした著名人がいる場合
  • 性別を誤解されやすい名前
  • 神官や出家して僧侶になった場合
  • 結婚や養子縁組などを通じて新しい家族・親族に同姓同名の者ができた場合
  • 伝統芸能や商売上で襲名した場合
  • 出生届を間違った名前で提出した場合
  • 精神的苦痛を伴う場合

 

姓名判断が悪い場合は、精神的苦痛を伴う場合に該当する可能性がありますが、実際に家庭裁判所で姓名判断だけを理由に認められるのは極めて困難です。
その他の事由に該当しない場合は戸籍上の正式な改名を諦めるしかありません。
一部で姓名判断を目的にした改名申請のサポートをする業者も存在しますが、高額な手数料を取られて失敗するトラブルが多いので注意してください。

 

 

プチ改名とは

プチ改名とは戸籍上の名前は変えないけど、日常的に使う名前や印鑑のみの名前を変える方法です。
主なプチ改名の方法をご覧ください。

 

  • SNSネームを変更する
  • 名刺の名前を変更する
  • 友達から自分の希望する名前・ニックネームで呼んでもらう
  • ビジネス用など用途に応じた専用ネームを用意する
  • 印鑑の文字を変更する

 

プチ改名は読み方を変えずに字だけ変える場合や、ひらがな表記・カタカナ表記にする方法が人気です。
このほか、旧字体・新自体の変更で画数を変えて姓名判断を良くするテクニックがあります。(例:斉藤・斎藤、渡辺・渡邉など)

 

SNSネームなどは、本名とはかけ離れた名前にしても問題ありません
印鑑の場合は、読み方が同じであれば戸籍上の名前と多少異なっていても認められるケースが多いです。
明らかに別人の姓で印鑑を作るとトラブルの原因になりますが、旧字体の読みにづらい印鑑にすれば実印や銀行印でも認められるケースが多く見受けられます。
姓名判断を参考に身近なシーンで使う名前をプチ改名するだけでも運勢を好転できるので、プチ改名で発生する弊害を整理した上で気軽に検討してみてください。

 

 

名前の付け方

姓名判断を参考にした名前の付け方は幅広い方法がありますが、もっとも無難なのは姓に対して大吉数の画数の名前にすることです。
苗字に応じて大吉名になる画数をネット検索・書籍で調べてみるとよいでしょう。
部分的な運勢に特化した画数にする方法もありますが、全体でもっとも良い画数が明白なのであれば、それに合わせた名前にする方法が無難です。

 

プチ改名をする場合は苗字の字体を変える方法があります。姓を残して画数を変える場合は気になる苗字に応じた大吉名を調べ、自分の名前に合った姓を一つずつ照らし合わせていく必要があります。
状況に応じて名前も軽微な改名で変えられる画数を整理しておくとよいでしょう。苗字を含めた改名になると最適な画数・名前を見つける難易度が高いです。
納得できる名前が見つからない場合は、占い師など姓名判断の専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

ページの先頭へ戻る