腕の良い占い師であれば、霊視鑑定で未来を占うこともできます。

霊視鑑定で判明すること

霊視鑑定は依頼者のことを長年見守り、時には危機から救ってくれている守護霊とコンタクトを取ります。
霊能力を活用した特殊な鑑定になるため、腕の良い占い師であれば過去・現在・未来など幅広い情報を知ることができますよ。
実際に霊視鑑定で何が判明するのかを、腕のよい占い師が行った鑑定結果の事例を交えながら紹介いたします。

 

 

過去のこと

時の流れのイメージ

守護霊は依頼者を長年にわたって見守っているため、霊視では過去の情報を得ることを得意にしています。
簡単な鑑定結果は依頼者自身が認識していることですが、何も話をしていないのに過去の情報をズバリ当てられれば信用できますよね?
実力のアピールや依頼者の心を開かせる目的で、過去の内容を言い当てる霊視から始めるケースが多いです。

 

さらに守護霊によっては長年にわたってその家系の人を見ているので、親や先祖の情報まで知ることができます。
実は親や祖父母も同じような失敗をしていたことや、性格などのルーツに先祖の職業や身分が関係していることが分かるケースもありますよ。

 

また守護霊は誰よりもその人のことを理解しているため、過去の選択が間違いではなかったのか?これまでのトラブルに自分側の原因があったなど的確なアドバイスや助言をすることが可能です。
過去を正しく知ることができれば、現在や未来の鑑定をする上でも役立てることができます。過去ではなく未来のことだけを知りたいと思う方もいますが、未来の鑑定精度を高めるためにも過去に関連した鑑定もしっかり受けるようにしてください。

 

 

 

現在について

現在についての霊視鑑定では、過去から結びつけた分析未来予測に基づく助言の2つのパターンがあります。
守護霊というある意味第三者の視点から過去から現在まで起こったことを見ていれば、必然的に現在何をするのがベストなのか答えを導けるものです。
過去に問題があった場合は、その問題点を改善させるような助言を得られますよ。本人に対するダメ出しだけではなく、運勢を下げる原因が判明して些細な取り組みで未来を変えられることもあります。
未来が分かっている場合は、良い未来を予定通り実現するために必要なことや安心して過ごせることの確認ができ、悪い未来が見えた場合はその未来を変えるために必要な助言を得られます。

 

 

霊視で未来は分かる?

鑑定する占い師の腕が良ければ未来が分かります。
霊視鑑定は守護霊とコンタクトを取りますが、会話形式で言葉のやり取りをするだけではなく、守護霊から未来の映像や姿・感情などを送ることも可能です。
敏腕占い師の霊視鑑定だと心の中にスクリーンが映し出され、未来に起こる出来事が鮮明に映像化されることもあるようです。

 

ただし、未来を完璧に霊視できる人は少なく、鮮明に未来が見られたとしても、将来受ける試験の問題など具体的なことまでは分かりません。
霊視鑑定による助言で未来が変わることもあるため、未来に何が起こるのか細部まで完璧に言い当てるほどの精度はありません。

 

こうした未来を予言・予測するような鑑定のほか、過去を見てきた守護霊から注意喚起のような形で未来の不幸を伝えられる場合があります。
一例を紹介すると、生活習慣の問題から病気になる恐れが高い。今までは守護霊の力で回避できていたけど、悪い運気が強まっているので事故や災害に巻き込まれるリスクが高いといった内容です。
守護霊からの助言は的確な内容が多いので、霊視鑑定で言われた注意点はしっかり守るようにしてください

 

 

相手の霊視も可能?

恋愛相談の場合、霊視鑑定で相手の守護霊とコンタクトを取る事が可能です。
まずは名前や生年月日、居場所などの情報で気になる相手の守護霊とコンタクトを取れるかが重要。
そして依頼者の守護霊とは違って相手の守護霊はコンタクトを取ってもメッセージを送ってくれないケースがあります
相手の守護霊の協力を得られるかは占い師のテクニック次第で変わるため、自分以外の霊視は腕の良い占い師を選別する必要性が高いです。
占い師によっては相手の守護霊からのメッセージが依頼者を傷付ける内容だった際に、あえてメッセージを直接伝えないケースもあります。

 

ページの先頭へ戻る